ポピパ5thの話

こんにちは

昨日、ポピパ5thに参戦してきました。

 

当日、朝起きてレギュレーション見たら、まさかのUO禁止でビックリ…

これは今回、会場がフルフラットだったからでしょうか。

 

折りたい気持ちを抑え…  的なライブになるのかなと思っていましたが、思っていたより遥かにポピパらしくも感動的なものでした。

以下では特に気になった曲を簡潔に主観的なレポートでまとめました。

 

オープニングアクト

1.That Is How I Roll

2.笑顔のオーケストラっ!

3.Don’t be afraid

4.R.I.O.T

 

オープニングアクトはTHE THIRD(仮)の皆様

私はガルパーティ以来だったのですが、先日下北沢で行われた自身初となるワンマンライブでは満員御礼大盛況だったご様子でして、これから更にお目にかかる機会が増えることでしょうね!RIOTがワブルがゴリゴリに会場に響き渡り気持ちいい… 小規模なハコで聴きたくなる様な曲でした。

 

ティアドロップス

初手バケモンか…?

前回の4th武道館では残念ながら生演奏は聴けなかったのですが、ムービーが天面に映し出される演出でしたね。

今回は恐らくやってくれるだろうと信じていました。開幕1曲目で会場の熱は一気に上がり

愛美「この手を離さない」

ぼく「ふ、フゥウウウウウッー!!!」

この手は離しません

 

走り始めたばかりのキミに

アニメ開始直前にやたらCMやってたイメージ。

これからバンドリを知ったという人も少なくはないんじゃないでしょうか。

歌い出しに会場の雰囲気を一瞬に作り変える愛美さんの表情とラスサビに全員であの歌詞を歌うのが、もう何というかエモいの一言。

 

アニメメドレー

・私の心はチョココロネ

・スタビ

前へススメ!

・夢見るSunflower

 

ここは前回に続きソロメドレーと予想してました。

花園電気ギターで飛びたかった…

 

Time Lapse(アコースティックver)

ポピパの記念すべき7thシングルですが、これ、恐らく初出が4th武道館でしたよね?

最初、生で聴いたとき震えたのを覚えています。

今回も拳を突き上げみんなでウォウウォウできるのかと思ってましたが、アコースティックでのお披露目でオールシッティング。

愛美さんと大塚紗英さんのパワフルかつ繊細な歌声が心に突き刺さる…

歌詞にもある通り、溢れ出す想いが止めきれない心情が非常に香澄に合ってて好きです。

 

Yes!BanG Dream!(アコースティックver)

託児所ワロタピーポーwwwwww  かわいい。

のどかな草原のイメージがピッタリすぎた。

 

八月のif

当日は快晴、気温も高く、夏先取りということでOVAでお馴染みのこの曲。

会場は赤と黄色のペンライトが綺麗でした。

「わたしたち もしも出会えてなかったら どんな夏が待っていたんだろう」

「わたしたち 今はこうして出会ってるの だから過去のすべてありがとう」

「ただひとつの今を 歌い続ける」

ここの掛け合わせがアニメ本編を髣髴とさせ、涙無しにはいられませんでした。

 

CiRCLING

恐らく今回のライブの表題曲。テーマは『環』

それは切れることのない永遠の絆

実にバンドらしくポピパらしい、メロディアスかつハピネスなサウンド。

沙綾の「forever lasting friends!」がめちゃくちゃ心に響く…

ペンライトで作る◯が、会場に一体感が生まれた証。とても綺麗でした。

 

Light Delight

号泣してしまいました…

AメロBメロを経て、サビで想いが堰を切ったように流れ出す、そんなイメージです。

この曲の前に、ポピパのメンバーからリーダーの愛美さんへ向けて感謝の手紙を渡すという企画があったのですが、その時のBGMにもこの曲が使われてましたね。ピッタリだと思います。

Cメロに

「大丈夫だよ 一人じゃないよ」

「あきらめないで もう少しだけ」

「一緒にいれば 素直になれる」

「自分のこと好きになれるよ だから」

といったメンバーの掛け合いがあり、そこにリーダーの香澄が

「この世界は一人じゃないよ」

 

…泣くわ

 

この曲はCiRCLINGのカップリングですが、この9thシングルは非常に仲間の絆を感じられる仕上がりとなってますね。

 

メンバーの個別強化特訓編についても語りたいところですが…

笑いあり涙ありのライブでしたが、「この環を広げたい」と云った彼女らの想いを存分に受け取ったライブでした。

ありがとうございました。

f:id:xiaosphere:20180513134818j:image

 

さて、アニメ2期にとどまらず3期まで告知され、益々バンドリが熱くなってきました。

本日は、遠藤ゆりかさんにとって最後のRoseliaの舞台になることでしょう。

今井リサ推し兼遠藤ゆりかさん推しの僕はもう色々な感情が入り混じって複雑な心境ではありますが、泣いても笑っても最後、おそらく泣いちゃうとは思いますが、笑顔で送り出してあげるのが推しとしての使命だと思います。

 

それでは。